表札の基礎知識

表札の基礎知識記事一覧

表札の歴史

明治3年(1870年)9月19日に姓の呼称が一般に許可され、明治5年(1872年)に戸籍法で各家に表札を玄関に掲示することが決定されました。一般庶民が表札を掲げ始めたのは、大正12年9月の関東大震災以後といわれています。庶民の表札は、明治中頃に郵便配達で配達先が分かるようにと少し増えた程度で、庶民の...

≫続きを読む

表札の基本

表札の種類1.本表札  家の正面に直接かける表札のこと。  基本的には家の主人(男性)の姓名を表示する。  防犯上は、女性だけの場合は「姓」 だけの表札をかけるとよい。2.家族表札  家族連名の表札のこと。  家の側面やドアの横など、本表札より下にかける。  割れや欠けや汚れがなく、家族和合のイメー...

≫続きを読む

表札の注意点

1.表札がない表札がないということは、護守(お守り)がないことを意味する。家の生気や、住む人の生気が低下する。 家運が衰退していく。※郵便受けに名前を記入するのも表札がないのと同じ。2.紙に書いた表札や名刺の表札生活が不安定になりやすく、本業の仕事に身が入らない。特に自営業の人には、大凶の相となる。...

≫続きを読む

表札のかけ方

表札のかけ方の基本表札の基本的なかけ方は、男性は向かって左側にかけ、女性は向かって右側にかける。向って右側に男性(主人)の表札をかける場合(西洋型)妻の人格を尊重し、何でも話し合う夫婦になる。主人がワンマンな場合、このようにすると良い。向って左側に男性(主人)の表札をかける場合(東洋型)主人の運気が...

≫続きを読む

表札鑑定

縦書きで姓名の右に住所を書いた表札大吉人の訪問が多く、商売繁昌で家内安全。縦書きで姓名の左に住所を書いた表札中吉目上・上司・先輩を立てる。他力本願が叶う。サラリーマン向き。縦書きで姓名だけの表札中吉自信があり気力が充実。勇気と責任を持ち何事にも立ち向かう気迫があり、自立心を打ち出したい人に適する。独...

≫続きを読む

スポンサーリンク