表札の注意点

こんな表札は注意してください!

1.表札がない

 

表札がないということは、護守(お守り)がないことを意味する。

 

家の生気や、住む人の生気が低下する。 

 

家運が衰退していく。

 

※郵便受けに名前を記入するのも表札がないのと同じ。

 

2.紙に書いた表札や名刺の表札

 

生活が不安定になりやすく、本業の仕事に身が入らない。

 

特に自営業の人には、大凶の相となる。

 

3.文字のかすれ、ひび割れ、シミ、汚れがある表札

 

運勢が下り坂になる。

 

特に、健康運・出世運が弱くなる。

 

4.自分で書いた表札

 

自己中心的で我を通す意味合いがある。

 

社交性・協調性に乏しく、人との和を欠く意味合いもある。

 

5.先代からの表札をそのまま使用する

 

運気の消失を意味する。

 

世帯主が代われば新しく作り変えたほうがよい。

 

6.二人以上の連名の表札

 

連名の方のお互いの運勢を打ち消しあう。

 

主人(夫)の発展運が弱くなるので、できれば

 

主人(夫)は、別に表札をかけるほうがよい。

 

7.表札を釘で打つ

 

運勢が衰退するので絶対にしないほうがよい。

 

8.文字を深く彫る表札

 

文字を深く彫りすぎると、過去を追い求める傾向があるので

 

発展運が弱くなる。

 

9.厚さが3cm以下の表札

 

厚さが3cmを欠く表札は、財運が乏しく、厄災を招くといわれている。

 

10.完全に埋め込まれた表札

 

家運を安定されるが、新しい発展は望めない。

 

隠居生活を送ろ人には良いが、

 

これから飛躍発展を目指す人にとってはよくない。

 

11.家族全員の名前の入った本表札

 

家庭は一見円満だが、妻が主導権を握っているので、

 

夫の発展運が弱くなる。

 

主人は別に表札をかけた方が良い。

 

家族表札には、家族全員の名前が入ってもよいが

 

門札や本表札は連名にしないほうがよい。

スポンサーリンク

関連ページ

表札の意味
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。
表札の歴史
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。
表札の基本
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。
表札のかけ方
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。
表札鑑定
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。