表札のかけ方

表札のかけ方

表札のかけ方の基本

 

表札の基本的なかけ方は、男性は向かって左側にかけ、女性は向かって右側にかける。

 

 

向って右側に男性(主人)の表札をかける場合(西洋型)

 

妻の人格を尊重し、何でも話し合う夫婦になる。

 

主人がワンマンな場合、このようにすると良い。

 

 

向って左側に男性(主人)の表札をかける場合(東洋型)

 

主人の運気が強くなり、積極的に仕事をするが、ワンマンになりやすい傾向。

 

主人の仕事がうまくいかなかったり、夫が頼りない場合は、

 

このようにすると良い。

 

 

夫婦で2枚の表札をかける場合

 

基本的には家長(主人)の表札だけをかけるが、

 

妻が独立して仕事をしているなど、夫婦の表札を2枚だす必要がある場合。

 

玄関のドアに向って左に男性の表札をかけ、向って右に女性の表札をかける。

 

表札を右に男性、左に女性をかけると、夫婦不和を暗示する。

 

 

親子で2枚の表札、三代で3枚の表札をかける場合

 

向って左側から親・子・孫の順に並べてかけると良い。

 

同居しており家長が実質的に子供に移っている場合は

子供の表札もかけた方が良い。

 

ただし表札のグレードは、親・子・孫とも同じが良い。

 

 

左側に表札をかけられない場合

 

団地やアパートなどでドアの左側にかけられない場合は、

 

ドアの上に横彫りの表札をかけると良い。

 

ドアに直接かけると生活不安定の暗示があり良くない

スポンサーリンク

関連ページ

表札の意味
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。
表札の歴史
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。
表札の基本
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。
表札の注意点
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。
表札鑑定
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。