表札の基本

表札の基本:表札の種類・材質・文字の色

表札の種類

 

1.本表札

 

  家の正面に直接かける表札のこと。

 

  基本的には家の主人(男性)の姓名を表示する。

 

  防犯上は、女性だけの場合は「姓」 だけの表札をかけるとよい。

 

2.家族表札

 

  家族連名の表札のこと。

 

  家の側面やドアの横など、本表札より下にかける。

 

  割れや欠けや汚れがなく、家族和合のイメージのものがよい。

 

3.門表札

 

  門にかける表札のこと。門札とも言う。

 

  基本的には「姓」のみを表示する。

 

4.その他の表札

 

  かわいいデザインのオシャレな表札などは、“飾り” として考え、
  できれば、別に本表札をかけることをすすめる。

 

 

表札の材質

 

陶器製やプラスチック製の表札は「生気」がないので、

 

できれば、自然なものの材質(木材や石材など)を使うとよい。

 

 

表札の文字の色

 

黒あるいは白がよく(材質の色による)、

 

赤や緑といった奇抜な色は避けたほうがよい。

 

 

文字の入れ方

 

1.材質が木の場合は、字を浮かしてまわりを彫る浮き彫りにすると良い。

 

2.文字を彫り込む場合は、あまり深く彫り過ぎないように注意すること。

 

3.ただ書いただけの表札は、消える意味があるので、できれば避けたほうがよい。

 

 

書体の意味合い

 

楷書

 

社会の変化にうまく合わせて誠実に努力すれば、将来的に実りがある。
“努力が実る” 安定した書体。

 

行書

 

不言実行で目標に向って突進する。
行動力抜群で物事を処理し、夢を実現する。
“行動力が増す”書体。

 

草書

 

友人や知人の訪問が多く、いつも談笑の声に満たされる。
お金の出入りは激しいが、収入は上昇傾向。
“社交上手で華やかな人生”を意味する書体。

 

ゴシック

 

責任感が強く、約束を守る人となる。
“強い意思力”を持ちたい人に向く書体。

 

隷書

 

出世は遅いが最後には勝利し、希望を叶える。
”粘り強さを持ちたい人に向く書体。

スポンサーリンク

関連ページ

表札の意味
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。
表札の歴史
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。
表札の注意点
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。
表札のかけ方
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。
表札鑑定
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。