表札の歴史

表札の歴史について

明治3年(1870年)9月19日に姓の呼称が一般に許可され、

 

明治5年(1872年)に戸籍法で各家に表札を玄関に掲示することが決定されました。

 

一般庶民が表札を掲げ始めたのは、大正12年9月の関東大震災以後といわれています。

 

庶民の表札は、明治中頃に郵便配達で配達先が分かるようにと少し増えた程度で、庶民の住まいは長屋が多く、長屋の入口に住民の一覧が木札で貼り出されていたようです。

 

庶民の表札が広まり始めたのは、戦争に徴兵された兵士の家に「皇軍兵士を送った家 田中○○」のような貼り紙を出すようになり、姓名を玄関に張り出す風習が広まりました。

 

その後、関東大震災での住宅の建て直しの際に住宅と表札はセットのようになり、今に至っています。

 

一般庶民以外の表札としては、江戸時代に商家には看板が掲げられ、武家屋敷には姓のみの表札が掲げられていました。

 

また、関東の表札は関西の表札に比べて少し小さくものでした。

 

現在では、材料の規格化によって関西型は関東型より幅広で、一般的に天然石表札では、関東型は約200×83ミリで、関西型は約180×90ミリとなっています。

スポンサーリンク

関連ページ

表札の意味
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。
表札の基本
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。
表札の注意点
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。
表札のかけ方
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。
表札鑑定
表札の基本的な知識や表札で開運するために役立つ情報などを紹介しています。